通販で買えるルプラック・ジェネリックとラシックス、ほかにもいろんなむくみ取り

5月 21, 2020

むくみに悩む女性 わたしのように圧倒的にむくみやすい体質や環境にいるタイプにとって、ルプラック・ジェネリックはまさに画期的ともいえる薬でした。

むくみの原因が体の中にある余分な水分だということはなんとなく知っていましたが、その余分な水分を体の外に出すという対策はなかなか思いつきませんでした。

薬にでも頼らない限り、水分を意図的に体の外に出すなんて限界がありますよね。やっぱり、ルプラック・ジェネリックに出会って正解だったということでしょう。

ということで、わたしがむくみ取りのために使った利尿薬はルプラック・ジェネリックが初めてでした。

それゆえルプラック・ジェネリックで満足してしまいなかなか知る機会はなかったのですが、こんなふうにむくみを解消してくれる利尿薬は、ルプラック・ジェネリック以外にもいろんな種類があるようです。

通販で買えるルプラック・ジェネリックとラシックス、その他のむくみ取りにも注目してみよう

薬のイメージすでに他のページでは、ルプラック・ジェネリックと同じような効果を持つ薬としてラシックスの名前を挙げました。

ラシックス以外にも、ルプラック・ジェネリックと同じ場面で効果を発揮する利尿薬がたくさんあることを知っておいた方がいいかもしれません。

例えばルプラック・ジェネリックが通販サイトで在庫切れだった時や、ルプラック・ジェネリックの配送に時間がかかっている時など、同じ効果の薬が他にもあることを知っておけば代わりに買ったりできるからです。

むくみ解消の味方!ルプラック・ジェネリック以外の豊富なループ利尿剤たち

ルプラック・ジェネリック以外にも、いざという時に頼りになる利尿剤をいくつか調べました。

薬の名前や成分、そして購入する方法に少しずつ違いがあるものの、ここで例として挙げた利尿剤は全部ルプラック・ジェネリックと同じループ利尿剤です。

ループ利尿剤は利尿薬の中でも特に利尿の効果が大きく現れるタイプだといわれているので、ルプラック・ジェネリックとラシックスをはじめ、効果自体に信頼を置いても大丈夫そうです。

いろんなループ利尿剤を見てみよう

ルプラック・ジェネリック

プルラックジェネリックのパッケージ有効成分:トラセミド

服用する量:1日1回4~8mg(服用量は体質、症状で変わる)

新薬ルプラックのジェネリックにあたります。少ない成分量でも、強い効果を発揮するのが特徴です。

服用してから1時間程度で利尿効果が現れて、最長8時間持続します。

ルプラック・ジェネリックは通販サイトからのみ購入できます。

ラシックス

有効成分:フロセミド

服用する量:1日1~2回40~80mg(服用量は体質、症状で変わる)

ルプラック・ジェネリックとほとんど同じ効能を持ちます。

ただし、ルプラック・ジェネリックと比べると一度の服用量が多いという違いがあります。

元々は通販で購入可能な薬だったので、ルプラック・ジェネリックと名前を並べて選ばれていました。

しかし2019年からフロセミドが輸入禁止の対象になったため、現在ラシックスを取り扱う通販サイトは存在していません。ラシックスを始め、フロセミドを含んでいる薬はすべて通販で購入できなくなっています。

もしラシックスを使いたくなったら、病院での取り扱いは認められているので病院で処方を受けてください。

効果は服用してから1時間以内に現れて、最長で6時間持続します。

ムクミトール

有効成分:トラセミド

服用する量:1日1回4~8mg(服用量は体質、症状で変わる)

こちらも新薬ルプラックのジェネリックにあたる薬になっています。

効果時間や作用についてはルプラック・ジェネリックと全く同じだと考えてください。

ムクミトールはインドの製薬会社で作られているはずなのですが、製造に日本人も携わっている会社なので、通販で買える薬にしては珍しくパッケージが日本語です。これだけでもなんとなく購入しやすく感じます。

ムクミトールも通販のみで購入が可能です。

ルプラック・ジェネリックと同じ購入方法で同じ使い方をしたい時には、ムクミトールが1番適切かもしれません。

ダイアート

有効成分:アゾセミド

服用する量:1日1回30~60mg(服用量は体質、症状で変わる)

ダイアートは1錠30mgと60mgの2種類があり、ラシックスと同じように一度の服用量が多いタイプです。

アゾセミド錠というジェネリックが作られているので、安価で購入できます。

服用してから1時間以内に効果が現れ、最長で9時間持続します。効果が現れるまでにかかる時間は他の利尿薬と変わりませんが、持続時間は他の利尿薬に比べるとダントツです。

特にむくみがひどいと感じる時や、今日はずっと家にいるからいつでもトイレに行けるという時に使うと大きな効果を得られるはずです。

ダイアートは通販で取り扱いがないので、ラシックスと同じく病院で処方される薬になります。家まで取り寄せることはできませんが効果の大きさや長さは間違いないので、他の利尿剤では物足りないと感じる人におすすめの利尿薬です。