通販で買えるルプラック・ジェネリックとラシックスはどんな違いがある?

10月 30, 2019

ルプラック・ジェネリックの購入はこちら
ダイエットのイメージ 生理や頭痛とはまた違う『むくみ』、これもまた女性の体にとっての天敵だと思っています(笑)

しかしわたしは、ルプラック・ジェネリックの力でこの悩みを克服しました。

どうもわたしはむくみやすい体質らしいので、今後も定期的にルプラック・ジェネリックのお世話になるだろうなと思います。

さて、ルプラック・ジェネリックは通販で買える利尿薬ですが、ルプラック・ジェネリックの他にもむくみ解消の薬ってあるのかな?と思いちょっと調べてみたところ『ラシックス』という名前の薬を何度か目にする機会がありました。

ラシックスもどうやられっきとした利尿薬らしく、なぜかルプラック・ジェネリックと並べて見かける情報が多いように感じます…

ルプラック・ジェネリックとラシックス、それぞれどんな特徴があってどんなところが違うのか?

少し詳しく見てみることにしました。

通販で買えるルプラック・ジェネリックとラシックスはここが違う!

通販ユーザールプラック・ジェネリックとラシックス、同じ利尿薬でもそんなに違うものなのかな?と気になったので、いろいろ調べてみました。

同じ・利尿薬としての分類

ほかのページでも説明したように、ルプラック・ジェネリックはループ利尿薬というタイプの利尿薬です。

わたしはルプラック・ジェネリック以外の利尿薬を使った経験がないので比べることができないんですけど、利尿薬の中でもループ利尿薬は1番効果が強いのだとか。

そして気になるラシックスはというと、こちらも同じループ利尿薬です。

どっちも利尿薬の中では強いタイプの薬だと考えていいんですね。

同じ・効果

ルプラック・ジェネリックとラシックスが持っている効能の内容は、どちらも腎臓の働きをサポートして尿の量を増やすというものです。

むくみの解消だけじゃなく、高い血圧を鎮める効果も持っています。

違い・有効成分

ルプラック・ジェネリックに配合されているのはトラセミドという有効成分です。

一方、ラシックスの有効成分はフロセミドとよばれるもの。

名前の雰囲気は少し似てるように聞こえますが、成分としては違うものなので、ルプラック・ジェネリックとラシックスが別物の薬ということは明らかです。

違い・服用する量

ルプラック・ジェネリックは1回の服用で1~2錠を服用するようになっています。成分量は、数字にして5~10mgです。

そしてラシックスも、1回の服用で1~2錠…なのですが、ラシックスの1日分の服用平均量は40~80mgという、ルプラック・ジェネリックに比べると多めの分量です。

ラシックスは1錠あたり10mg、20mg、40mgという違った成分量の錠剤が作られています。1錠分の成分量が20mgや40mgであれば確かに1~2錠の服用ですむはずですが、1錠10mgだったら1回の服用で4錠以上を飲むことになります。

ラシックスは、ルプラック・ジェネリックよりも多めに飲む必要がある利尿薬です。

つまり、ルプラック・ジェネリックのほうがラシックスよりも効果が強めだということがわかります。

違い・効果時間

ルプラック・ジェネリックの効果は飲んでから30~60分で現れて、最長で8時間継続します。

一方で、ラシックスは飲んでから30分以内で効果が現れるという即効性です。そして、効果は最長で6時間継続します。

このように、効果時間には少し違いが出るようです。

違い・通販できるかできないか

ダイエットのイメージわたしは最初、ルプラック・ジェネリックと『ラシックス』の名前がよく並んでいるのを見かけると言いました。てっきり、ルプラック・ジェネリックもラシックスも通販で買えると思っていたのですが…

ラシックスはルプラック・ジェネリックと違って、通販では買えない利尿薬みたいです。

いや、正しくいえば少し前までラシックスも通販で買えていたようです。しかし、2019年1月1日からラシックスを通販で買えなくなりました。

ルプラック・ジェネリックも同じですが、病院に行かずに薬を買う方法を考えると、どうしても通販という手段が出てきます。

ルプラック・ジェネリックやラシックスのように病院で一般的に処方されている薬は、基本的に海外から取り寄せる方法じゃないと通販では買えません。国内で買おうとするとどうしても診察を受ける必要があり、通販から買うのは認められないんです。

しかし、2019年1月1日からは海外から取り寄せられるラシックスも規制されることになりました。これに合わせて、ラシックスと同じフロセミドを配合している他の薬も規制されます。

今後ラシックスを買いたいという時は、病院で処方してもらうしかありません。

買えなくなったラシックスの代わりに通販でおすすめされるのが、ルプラック・ジェネリックなのです。

まとめ

ルプラック・ジェネリックとラシックスの同じポイント

・ループ利尿薬という1番強い利尿薬

・効果の内容

ルプラック・ジェネリックとラシックスの違いポイント

・有効成分はトラセミドとフロセミド

・服用する量はラシックスのほうが多い

・効果時間はルプラック・ジェネリックのほうが少し長い

・効果が現れるのはラシックスのほうが少し早い

・同じ分量でも、ルプラック・ジェネリックの方が効果が強い

・ルプラック・ジェネリックは通販でも買える

・ラシックスは病院での処方のみ

ルプラック・ジェネリックの購入はこちら